「大暑(たいしょ)」なので、夏の養生、おさらいです

  • 2018.07.23 Monday
  • 16:46
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

g63m_5618[1].jpg


7月23日、二十四節気「大暑(たいしょ)」
です。

7/23〜8/6の次の節気の前日までをいうこともあります


大暑という字からもわかるように、最も
暑い夏の時期です。


暑さ対策の養生法をおさらいです。


〇こまめな水分補給を!

尿の回数がへる、色が濃いくなる、
大便が固くなるなどありませんか。
汗をかくと体の中の水分は思った以上に
減っていますよ。
一度にがぶ飲みするのではなく、こまめに
水分補給をこころがけましょう。


〇冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎに注意!

冷たいものをとると胃の働きが悪くなります。
胃もたれ、食欲不振をおこすことに。
しっかり栄養を吸収できないので、夏バテに
もつながります。


〇体にこもった熱をさましてくれる食べ物を! 

詳しくはこちらを→★★
「すいか」は天然の白虎湯(熱をとり喉の
渇きやほてりをとる漢方薬)と言われています。
熱をとってくれる食べ物を上手に利用しましょう。

夏でも冷えが気になる方はこちらを→★★
夏冷えは秋冬に影響をあたえるので気を
つけてくださいね。


〇汗とともに失った気血を補う!

食欲も落ちやすいのですが、口あたりの
よい食べやすいもの・・・素麺だけとか、
お茶漬けだけとか、菓子パンだけとかでは
失った気血を補うことができません。

気血を補う、牛肉、鶏肉、イワシ、まぐろ、
さば、かつお、穴子、うなぎ、たこ
など
しっかり食べてくださいね。
果物ではぶどうもおすすめです。
気を補う力の強い山芋、長芋もおすすめ
です。

〇疲れたら回復の休養を!

夏は短い時間の昼寝もおすすめです。
昼寝ができる環境ではない方のほうが
多いので、疲れる一歩まえに休息を入れる
ことを心がけてください。
夏は暑さと汗で「消耗」していますよ。



今年はいつも以上に暑いので、気をつけて
弱らないようにしましょう。
お年寄り、お子さまはもちろんのこと、
元気な人も油断せずに対策を〜。


↓ただいま募集中です

暮らしにとり入れる漢方養生と薬膳講座
9月から始まる講座です。
開催場所は阪急芦屋川KJワークスさんと
Reカルチャーサロン(JR鷹取駅)です。
詳しくはこちらをご覧ください→★★


パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・7月31日(火) 梅田 10時半〜
 ・7月31日(火) 梅田 14時〜
 ・8月8日(水) 梅田 10時半〜
 ・8月8日(水) 梅田 14時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 10時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 13時半〜

 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程を
お書きください。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM