夏なのに・・・夏だから…冷える「夏冷え」

  • 2018.07.20 Friday
  • 17:32
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

e50m_7096[1].jpg


とっても多いんですよ、「夏冷え」


・クーラーのきいた部屋で仕事をすることが
 多い。
・アイスクリーム、かき氷、冷たい飲み物を
 よくとっている。
・ふだんから体を動かすことがなく代謝が
悪い。
・もともと冷え性。


夏でも・・・夏だから・・・冷えるんです。
夏冷えを自覚していなくても、お腹のあたりを
さわって冷たければ冷えていますよ。


夏冷えの方におすすめはまずは少量の汗を
かく
こと。

温かいお茶を飲む。
素麺ではなくて温かいおうどんを食べる。
お風呂につかる。
朝の涼しいときにウォーキングをするなど。

間違っても炎天下で運動しないでね

ほんの少し汗をかくようなことをしてください。



体を温めてれる食べ物は・・・

にら、ピーマン、パプリカ、鮭、鯵、
しし唐、黒砂糖、くるみ、海老
 など。


夏野菜のピーマンは体を温めてくれる
ので、夏冷えさんにはおすすめの食材
です。


紅茶も体を温めてくれるので、冷えを
感じるときは温かい紅茶もいいですね。


唐辛子、シナモン、こしょうなどの
スパイス類
も体を温めますが、とり
すぎると熱くなる
ので気をつけてとり
いれてくださいね。


ねぎ、生姜は「辛温解表」の効果があり
体を温めてくれますが、汗がでやすくなり
ます。
たくさん食べて、汗をかきすぎると冷えて
しまうので注意ですが、冷えるタイプの人
は、薬味として冷や奴や素麺、お刺身をなど
常温より低い温度のものを食べるときは
たっぷりとそえて。



家族で熱をこもらせる人と冷える人がいる
と、献立に困る〜というお話もよく聞くの
ですが、そのときは食べる順番に気をつけて
みましょう。


冷える人は、体の熱をとる食材(トマト、
きゅうりなど)を一番に食べないで、体を
温める食材や温度的に温かいものをまず
食べるようにしてくださいね。



昨日は体に熱をこもらせない食材について
書きました。()
熱をこもらせているのか、冷えているのか、
見極めも大事になってきますね。


↓ただいま募集中です

暮らしにとり入れる漢方養生と薬膳講座
9月から始まる講座です。
開催場所は阪急芦屋川KJワークスさんと
Reカルチャーサロン(JR鷹取駅)です。
詳しくはこちらをご覧ください→★★



パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・7月25日(火) 三ノ宮 10時〜
 ・7月25日(火) 三ノ宮 13時半〜
 ・7月31日(火) 梅田 10時半〜
 ・7月31日(火) 梅田 14時〜
 ・8月8日(水) 梅田 10時半〜
 ・8月8日(水) 梅田 14時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 10時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 13時半〜

 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程を
お書きください。




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM