体にこもった熱をとってくれる食べ物

  • 2018.07.19 Thursday
  • 16:42
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

f59m_2941[1].jpg

ご近所の方たちとのあいさつも
「暑いですね〜」しか出てこないです。


夏の養生法のひとつが暑さから身を守る
ことですが、暑さを体の中にこもらせて
しまったら、とりのぞかなくてはいけません。


そんなときは「清熱」の働きをもつ食材を
食べます。


「清熱」とは体の中のいらない熱を冷まして
のぞくことです。


「清熱」の働きをもつ食材は・・・

セロリ、白菜、水菜、じゅんさい、緑茶
ゴーヤ、きゅうり、ズッキーニ、トマト
あわ、きび、小麦、大麦、豆腐、湯葉
すいか、メロン、バナナ、りんご、ヤシ
キゥイフルーツ、マンゴー、こんにゃく芋
しじみ、蟹、どくだみ、緑豆
  など。



・炎天下で歩くことがある
・子どもが炎天下で部活がある。
・夏でもアウトドアを楽しむ
・できるだけクーラーをかけずに過ごして
 いる。
・熱をこもらせやすい体質(膿んだできものが
 できる、目が充血しやすい、こってりした
 ものを好んで食べる)
・暑さをこもらせている感覚がある。


という方は「清熱」の働きの食材をこころが
けて食卓に登場させてください。


緑茶、豆腐、きゅうり、トマト、すいかなど
は、取り入れやすいと思います。


「辛涼解表」という体の悪い熱をとり、発汗
により、体表に停滞している悪いものを出す
働きのある食材もあります。


この「辛涼解表」のミント菊花
夏かぜや暑さからくる頭痛に使えます。



冷たい飲み物や食べ物で体を冷ますのでは
なく
、この「清熱」の働きの食材を食べて
夏を乗り切りましょう!!
そして、汗とともに気血を失っているので
その補給も必要です。



中には夏だけど、クーラーの中で過ごすこと
が多くて「夏冷え」するという方も多いですね。
明日は「夏冷え」する方におすすめの食材を
ご紹介しますね。


↓ただいま募集中です

暮らしにとり入れる漢方養生と薬膳講座
9月から始まる講座です。
開催場所は阪急芦屋川KJワークスさんと
Reカルチャーサロン(JR鷹取駅)です。
詳しくはこちらをご覧ください→★★


パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・7月25日(火) 三ノ宮 10時〜
 ・7月25日(火) 三ノ宮 13時半〜
 ・7月31日(火) 梅田 10時半〜
 ・7月31日(火) 梅田 14時〜
 ・8月8日(水) 梅田 10時半〜
 ・8月8日(水) 梅田 14時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 10時〜
 ・8月17日(金) 三ノ宮 13時半〜

 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程を
お書きください。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM