今年も「お屠蘇」の準備を

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 16:41
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

DSC_0581_1.JPG

毎年、「お屠蘇(おとそ)」の記事を30日に
書いていますが、もう少し早く知っていたら
用意ができたのに〜というお声があったので
今日はお屠蘇についてです。



お屠蘇(とそ)というと屠蘇用の酒器で飲む
日本酒をいう場合もありますが、
(最近はお正月に飲む日本酒を言っているかも)
本来は生薬を漬け込んだ薬酒をいただくものです。




私はかんたんに作れる薬酒として、大晦日に
作っています。



年末になるとドラッグストアなどで100円〜
200円くらいで売っているこれ↓

DSC_1200.JPG


中を開けると

DSC_0548.JPG

DSC_0550.JPG


大晦日に日本酒やみりんに漬けて、
元旦のおせちを食べる前にいただきます。




「お屠蘇」は邪気を屠(ほふ)り、
魂を蘇(よみがえ)らせることから名づけ
られたとか。




家族の健康を願っていただきます。



屠蘇散の中にはいっている生薬ははメーカー
によって少しずつちがうのですが、中身を
みてみると、お正月の食べすぎや風邪予防に
なるものがはいっています。
そして、体を温めるものばかり。

↓よく入っているものです。

○白朮(びゃくじゅつ)
  胃もたれ、むくみ、下痢

○桂皮(けいひ)
  冷え、冷えによる痛み

○山椒(さんしょう)
  冷え、抗菌

○陳皮(ちんぴ
  食欲不振
  
○桔梗(ききょう)
 鎮咳去痰、鼻づまり

○大茴香(だいういきょう)
 冷え、健胃

○丁字(ちょうじ)
 冷え、吐き気、食欲不振

○防風(ぼうふう)
 発汗、解熱、沈痛


お正月にぴったりな効能でしょう。
ついつい、食べ過ぎになる私には、
とくに胃もたれによいのが嬉しいです(^^)


漬け込んでおくだけでできますからね〜



いただくときのお作法もあるのですが
むずかしいお作法はぬきにして、生薬の
効能をいただいています。



手軽な薬酒としてのお屠蘇、おすすめですよ。


↓ただいま募集中です

パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・1月15日(火) 梅田10時半〜
 ・1月15日(火) 梅田14時〜
 ・1月30日(水) 三ノ宮10時〜
 ・1月30日(水) 三ノ宮13時半〜

 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程をお書きください。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM