「酒は百薬の長」ってほんと??

  • 2018.11.12 Monday
  • 17:21
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

DSC_3834.JPG

これから年末にむけてお酒を飲む機会もが
多くなる方もいらっしゃるのでは?
えっ、関係なくいつも飲んでる??



私はよく「酒豪」だと思われているよう
ですが、あまり飲めません。
体質的に弱いんですよ〜(ほんとです!!)

DSC_3699.JPG


薬膳辞典にもお酒が載っています。
お酒の薬膳効能は・・・

 行気活血
 
 散寒止痛

 (源草社 薬膳素材辞典より)

※この場合のお酒とは、ビール、ワイン、
果実酒などを除いたもの。
日本酒とか焼酎とかと考えてください。

※温めて飲むのが原則です。
冷たいと気血の巡りは悪くなります。


気血の流れをよくしてくれます。
また、寒さをとりのぞき、冷えによる痛み
をとりのぞいて
くれます。


身体の冷え関節、筋肉の痛み冷えによる
お腹の痛み
にいいようです。


お酒は百薬の長と言われますが、その続き
があります。
「酒は百薬の長。必ず適量を飲むべし」
                (食貸志)


「必ず適量を飲むべし」これが大切です。


血の巡りが悪い(瘀血)、ストレスがある(気滞)、
冷え症の人は、お酒の力を上手に使うことで
改善することもできます。



みなさん、ご存知のように長期にわたる
大量の飲酒は健康を損ないます。
お酒は百薬の長と言われますが、自分の
飲み方で「百薬の長」にもなれば「百薬の害」
にもなる
んですよ。


自分の体質をみながら、上手に「百薬の長」
になる飲み方をしていきましょう。

↓ただいま募集中です

パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・11月21日(水) 梅田10時半〜
・11月24日(土) 三ノ宮10時〜
 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程をお書きください。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM