慢性疲労におすすめの食べ物です

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 15:53
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

d46m_4991[1].jpg

昨日のブログで「疲れ」について書き
ました。→こちらです★★


慢性疲労のタイプを2つに分けました。


「貯金」で考えるとわかりやすいですよ。
体の中の「元気貯金」をどんどん使って
しまうタイプと「元気貯金」をためれない
タイプね。


●貯金使い過ぎの「肉体的、精神的な疲労で
消耗し、元気のパワーが減っているタイプ」
は・・・
過労やストレスで「気」を消耗することで
疲れの症状がでています。


「気」を補うことと、「腎」を強めることを
心がけることを意識してくださいね。


「気」を補う食べ物は

米、もち、いも類、かぼちゃ、キャベツ
栗、はちみつ、鶏肉、牛肉 
 など。


※気を補うときは、気を流巡らす食材も少し
とりいれて、体に巡らせましょう。

玉ねぎ、柑橘類の皮、香りの強い野菜など。


「腎」によい食べ物は

くるみ、にら、えび、なまこ、カリフラワー
ブロッコリー、黒胡麻、黒豆、豚肉、たまご
貝類
 など。




●貯金をためることのできない「脾の働きが
弱く、食べ物から、元気を作り出すことの
できないタイプ」
は・・・
脾の働きが弱くて、食べたものから気血を
作り出すことができないので、疲れやすいです。


気血を補う食べ物を心がけるとともに「脾」の
調子をよくすることを心がけていきましょう。

「脾」(ひ)とは、食べ物の消化吸収を管理して
いると考えられている五臓のひとつです。
「脾」が弱ると、胃もたれや食欲不振などが
起こりやすくなります。



「気」を補う食べ物は、上に書きましたよ。
「血」を補う食べ物は

にんじん、ほうれん草、レーズン、ライチ、
落花生、たまご、レバー、牛肉、たこ、いか
など。



「脾」によい食べ物は

穀類、いも類、かぼちゃ、とうもろこし
しいたけ、キャベツ、カリフラワー、
ブロッコリー 
など。

もちろん、調子がよくなるまで、暴飲暴食、
脂っこいものや、刺激物は控えてくださいね。


どちらのタイプにも共通していえるのは、
疲れすぎるまえに「休養」をとること


これがむずかしいので「疲れ」をこじらせ
てしまうのですけどね。


でも、大切な自分のからだ。
「疲れたな」はからだからのサインですよ。

↓ただいま募集中です

パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・11月21日(水) 梅田10時半〜
・11月24日(土) 三ノ宮10時〜
 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程をお書きください。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM