古い書物に書かれている言葉

  • 2018.11.16 Friday
  • 20:41
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。



漢方を勉強しているとよく中国の古い
書物に書かれていることがでてきます。



有名なのは「黄帝内経(こうていだいけい)」
で、中医学の理論の基礎が書かれていると
言われています。



「黄帝内経」には冬の過ごし方はこのように
書かれています。

「早く寝て、遅く起きる。欲望は控えて、
体内の陽気をもらさないように体を温かく
包んで過ごすべきである」



冬は早く寝て、遅く起きる・・・
これは、睡眠時間をしっかりととりなさい
ということです。


朝早く起きると体が冷えるので、日が出て
から起きなさいと言われます。


でも、私たちの生活では、季節によって
起きる時間をかえたりすることは難しい
ですよね。
朝早く起きないといけない職業の方も
いらっしゃいますよね。
朝早くは、体が冷えやすいから、しっかり
防寒をするように
と考えてください。



この書物が書かれた時代の暮らしと現代の
暮らしは、かなり変わってきています。
でも、現代でもとりいれることができる
根本的なことが書かれています。


そこを読み取って、現代の暮らしに生かして
いくことも、漢方を勉強する醍醐味です。


↓ただいま募集中です

パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・11月21日(水) 梅田10時半〜
・11月24日(土) 三ノ宮10時〜
 詳細はこちらを★★


お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程をお書きください。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM