湿邪の季節・・・「邪」ってなに?

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 16:46
暮らしに養生と薬膳を!
かんたん薬膳のハシガミユカリです。

DSC_0551.JPG

今日はカレンダーに「入梅」とありました。
二十四節気とはまた別に、日本で生まれた
季節の移り変わりをあらわす「雑節」の
ひとつです。

ほかの雑節は節分、八十八夜、半夏生など・・・

そろそろ梅雨入りしますよ〜という頃を
あらわしています。
でも、今年は関西では、梅雨入りが少し先に
なるとか。


梅雨の季節は湿度が高くなります。
湿邪」から体を守ってくださいね。


「湿邪」・・・・??


「邪」がつくと、おどろおどろしく感じる
のですが、漢方ではよくでてくる言葉です。



自然界には「風」「寒」「暑」「湿」「燥」
「火」の6つの気候変化があります。
これは、万物の成長、発育、成熟にかかせない
ものですが、異常気候や体の抵抗力の低下に
り、体調をくずす原因となった場合「邪」と
なります。



たとえば、暑い夏を想像してください。

「暑さ」は私たちの主食である稲の成長
にはかかせません。
おいしいお米ができるためには夏の暑さが
必要です。
私たちの体も暑さで汗をかいて発散させる
ことも秋冬の健康の上で大切です。


その「暑さ」が異常気象でいつもの夏より
も暑く、暑気あたりをおこしたとか、
体が弱っていたために暑さでぐったり動け
なくなったとかの時に「暑邪」にやられた
となるのです。


「邪」がつくときは、何かしら心身に悪い
影響を及ぼしたときです。



「湿」も乾燥気味のお肌にとっては、良い
こともありますが、上手につきあわないと
「湿邪」になります。


湿邪の特ちょうは、

・気の流れをじゃまします
・体を重だるくします
・分泌物のねばる感じやスッキリしない
 感じがでやすいです
・下に向かうので下半身に症状がでやすい
 です


なんとな〜く、すっきり、さっぱりしない
感じです。
こんなとき、養生法や薬膳が強い味方になり
ます。



また、湿邪対策もふくめた梅雨の養生を
ブログに書きますね(*^^*)

↓ただいま募集中です

パーソナル体質改善アドバイス
あなたのための体質からみたアドバイス 
 ・6月22日(土) 梅田10時半〜
 ・6月28日(金) 三ノ宮10時〜
 ・7月16日(火) 梅田10時半〜
 ・7月16日(火) 梅田14時〜
 ・7月24日(水) 三ノ宮10時〜
 ・7月24日(水) 三ノ宮13時半〜

 詳細はこちらを★★

ハクトヤさんでのお勉強会
丹波篠山ハクトヤさんでの
からだとこころを整える
  漢方養生と薬膳のお勉強会
」は
6月19日(水) 11時〜13時です。
詳しくはこちらをご覧ください★★

お申込み、お問い合わせはこちらから★★★お願いいたします。
お問合せはメッセージ欄に内容をお書きください。
お申込みは、メッセージ欄に講座名・ご希望の日程をお書きください。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM